花粉症のツボ

かっさの方法を学べるスクール

かっさで自宅サロンや個人サロンを開業した方や、かっさをサロンメニューに導入して「リピート率が上がった」「客単価が上がった」という各種サロン経営者が続出している人気の本格かっさスクールはこちら

スギ花粉のピークは過ぎようとしていますが、花粉の飛散はもうしばらく続きそうです。そして、今度はヒノキ花粉の飛散がはじまります。
花粉症の方にとってはまだまだつらい日が続きそうです。
今日は花粉症にいいツボをご紹介します。

花粉症のしくみ

花粉症のメカニズム

花粉症は、体が花粉を害のある異物だと判断して、免疫反応の一種であるアレルギー反応を起こしている状態です。

体に侵入してくる異物を抗原といいます。抗原のなかで、アレルギー症状を起こす物質をアレルゲンと呼びます。
花粉が鼻や目から体に入ると、その刺激でIgE抗体という物質がつくられ、マスト細胞(肥満細胞)と結びつきます。この状態となった時、体は花粉は体内から追い出すべき異物と記憶します。

再び花粉が口や鼻などから体に侵入し、粘膜に付着すると、ヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物資が放出されます。この反応のため、くしゃみや鼻みず、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が現れます。

花粉症によいツボは、すでに出現している症状を抑えるものと、免疫のバランスを整えるものがあります。

顔にある花粉症のツボ

顔面の花粉症のツボ
印堂(眉間の真ん中)

鼻水や鼻づまりに効果的

上星(生え際から親指の幅くらい後ろの押すと痛いところ)

鼻が通るツボ。鼻水・鼻づまりに

太陽(こめかみ)

目の充血やかゆみに

攅竹(眉頭のところ)

目がショボショボするときに

晴明(目頭と鼻の間)

目の症状の緩和、鼻づまりに

鼻通(鼻の真ん中の両脇)

鼻づまりに

迎香(小鼻のところ)

鼻水、鼻づまりに

承泣(瞳孔真下の眼窩の骨のきわ)

目のかゆみに

合谷

頭や顔面におこる諸症状の特効のツボ。顔のツボを押しにくい時にもおすすめ。

足三里

鼻粘膜のトラブルやかゆみなど過敏な免疫反応にいいツボ。

花粉症の時にかっさするとよい経絡

肝経

花粉症の時にかっさするといい経絡は、免疫バランスと関係が深い肝経です。春の養生の面でも、肝は重要です。
また、呼吸器と関係が深く、免疫力にも関係する肺経もおすすめです。

花粉症で鼻がムズムズする時や鼻炎には迎香・上迎香のツボをかっさ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で